不動産売却つなぎローンとは?

不動産売却つなぎローンを組む場合には、不動産の担保は確実に必要になります。
さらに、金融機関によっては抵当建物の火災保険金請求権などに質権を設定する必要が生じる場合もあるのでさせて、債権に関する事項も確認しておくことは重要になります。
ですから、不動産売却つなぎローンでは基本的に担保や債権は必要になるということです。
では、保証人は必要になるのでしょうか?これも金融機関によって設定が異なり、また申込者の状況によっても必要か不要かの判断が異なります。
それで、申し込んでみなければどうなるかははっきりしたことは分かりませんが、念のために連帯保証人となる人をあらかじめ探しておく方が、将来の問題は避けることができるでしょう。
つなぎ融資シミュレーション!金利・手数料の計算!【損しない銀行は?】